オーストラリアのサーフボード

はじめに

こんにちは。

前回の記事で”サーフボード個人輸入のススメ”という記事を書きましたが、今回はオーストラリアを中心にサーフブランドの比較、日本への発送が可能か、などを調べてみました。私が実際に購入したブランドも含まれているので参考にしてみてください。

サーフボード個人輸入のススメ
注意
実際に購入していないものもありますので調べた内容と異なる場合があります

 

オーストラリアのサーフブランド

サーフブランド オンラインでの購入 日本への発送
JS 不可
Firewire 不可
Hyden Shapes 可能なものもある 可能なものもある
Simon Anderson 可能 要問合せ
Mark Richards 可能 不可
TOMO 可能 可能
DHD 可能 可能
Deadkooks 可能 可能

上記はあくまでも本家(オーストラリア)のホームページからの購入可否になります。もちろん、どのブランドも日本に正規代理店があります。本家サイトから購入できない場合も日本代理店で購入することができます。

えっ!この値段で変えちゃうの!?というのが結構ありますよ。

 

TOMO(Danniel Thomson)

Shaper: Daniel Thomson

ハイパフォーマンスボードを中心に他にはない独創的なモデルを開発。XTR(EPS)を素材にしボトムにはチャネルを入れることで早く、コントロール性の高いライディングを可能にした。

Firewireにも提供しているがXTRではないので注意(個人的にはXTRの方が断然オススメ)

 

Hydroshort

Hydroshort

 

REVO

REVO

 

 

Deadkooks

Shaper: Eden Saul

日本ではあまり馴染みないがショート、ミッドレングス、ロングまで幅広いモデルを揃え、ケリースレーターなどセレブサーファーもお忍びでオーダーする。特にRiches RF/TFはTwinながらパフォーマンスボードのように動き、スタイルのあるライディングも可能。ボードアートも卓越しており最近は特にアブストラクトのペイントに力を入れている。

 

Riches

Riches

 

APHEX

APHEX

 

このギルモアさん、何度見ても気持ちよさそうだなぁ。使用ボードはRichesです。

 

オーストラリアサーフブランドの比較

JS
モデルの豊富さ
(3.0)
価格の安さ
(4.0)
知名度
(5.0)
パフォーマンス系
(5.0)
オルタナ系
(1.0)
総合評価
(2.0)

 

Fireware
モデルの豊富さ
(4.0)
価格の安さ
(2.0)
知名度
(5.0)
パフォーマンス系
(4.0)
オルタナ系
(1.0)
総合評価
(2.0)

 

Hyden Shapes
モデルの豊富さ
(3.0)
価格の安さ
(4.0)
知名度
(4.0)
パフォーマンス系
(5.0)
オルタナ系
(1.0)
総合評価
(3.0)

 

Simon Anderson
モデルの豊富さ
(2.0)
価格の安さ
(3.0)
知名度
(4.0)
パフォーマンス系
(5.0)
オルタナ系
(1.0)
総合評価
(3.0)

 

Mark Richards
モデルの豊富さ
(2.0)
価格の安さ
(3.0)
知名度
(3.0)
パフォーマンス系
(4.0)
オルタナ系
(2.0)
総合評価
(3.0)

 

TOMO
モデルの豊富さ
(2.0)
価格の安さ
(4.0)
知名度
(3.0)
パフォーマンス系
(5.0)
オルタナ系
(1.0)
総合評価
(4.0)

 

DHD
モデルの豊富さ
(3.0)
価格の安さ
(4.0)
知名度
(5.0)
パフォーマンス系
(5.0)
オルタナ系
(1.0)
総合評価
(4.0)

 

Deadkooks
モデルの豊富さ
(4.0)
価格の安さ
(4.0)
知名度
(2.0)
パフォーマンス系
(3.0)
オルタナ系
(4.0)
総合評価
(5.0)

 

日本に発送可能なサーフショップ

品揃え豊富な現地サーフショップから購入することもできます。ショップ経由でオーダーすることも可能なのでこちらもオススメです。

 

Rhetoric

ゴールドコーストにある日本人の方が経営するサーフショップです。日本語が通じるので安心できますね。

取り扱いサーフブランド

JS, Sharp eye, DHDなど

 

Surf Stitch

サーフボードだけでなくフィンやボードケース、アパレルなども扱うショップです。サーフボードを購入する時は合わせてフィンなども合わせて買うと送料がお得です。

注意
Surf Stitchに問い合わせたところ現在はサーフボードの国外発送は行っていないそうです。フィンやその他のグッズは日本で買うよりお得なので是非チェックしてみてください

取り扱いサーフブランド

Channel Island, JS, Rustyなど

 

最後に

いかがでしたか?

人それぞれ好みはあれど、私はオーストラリアのサーフボードは質も高いし安心して購入できるものが多いと思います。サイズは日本の波にあったものをオーダーしてしまえば日本で購入するよりもかなり安いと思います。サイズの大きいときはTOMOのHydroshortかDeadkooksのRiches TF、小さいとき、フェイスが張らないようなときはDeadkooksのミッドレングスがオススメです。

個人輸入でコストパフォーマンスの良いサーフボードを購入しちゃいましょう!

 

 

2 COMMENTS

レトリックサーフ YASU

はじめまして。レトリックサーフのYASUと申します。
たまたまネットでこちらブログを拝見しレトリックが紹介されていて驚きました。
レトリックをご紹介頂きありがとうございます。

返信する
greenroom

返信遅くなりすいません。コメントありがとうございます!
実はかなり昔(10年ほど前)ですがオーストラリアトリップ中にレトリックサーフにお邪魔してJSのサーフボードを購入させて頂きました。
その際に海外ってサーフボード安いなぁ、と思いまして。またAUSに行った際は立ち寄ります。

返信する

greenroom へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA